Chrome 68 リリース、HTTP サイトには「保護されていません」と表示

いよいよ Google Chrome 68 がリリースされました。

このバージョンから HTTPS による暗号化を使用していない HTTP サイトにはアドレスバーに「保護されていません」と表示されるようになりました。

Chrome 68:保護されていません

HTTPS サイトにはこのように表示されます。

Chrome 68:保護された通信

HTTPS サイトではブラウザとウェブサイトの通信が暗号化されて、盗聴や改ざんを防ぐことができます。

以前から Google はホームページで HTTPS を使用することを強く勧めていて、それを検索順位に反映させると明言していました。

今回はその考えを自社のブラウザにまで組み込んだということです。

強引なやり方だと思いますが、それだけに Google の本気度が伝わってきますね。

自分の会社やお店のホームページに「保護されていません」と表示されてしまうと信頼低下につながってしまいますので、まだ HTTPS を導入していない方は早めにご検討されるとよいです。

魚沼情報サービス
魚沼情報サービスでは HTTPS 導入のサポートを行っています。お手伝いが必要な方はご相談ください。

更新情報を受取る

ホームページ制作のこと、お気軽にご相談ください。

ホームページを制作するだけではなく、ホームページ更新やアクセスアップのためのノウハウの講習、SEO対策などのサポートに特に力を入れています。
パソコン教室 の運営も行っていますので、パソコン初心者の方でも初歩からホームページ運営に必要な操作やノウハウを無理なく習得することができます。