ページネーション付き投稿一覧を表示した固定ページ (VK Blocks Pro を使用)

このページはアフィリエイト広告を利用しています。

下記に表示されている新着情報は有料プラグイン VK Blocks Pro投稿リストブロック を使って作成してあります。

WordPress
アップデート update

WordPress 6.6 でリンクに下線が表示されてしまう問題New!!

WordPress
さんぷるロッジのデモサイト

ロッジのホームページのデモサイトを追加しましたNew!!

WordPress

WordPress のコア、プラグイン、テーマを自動更新にして、更新通知メールを送信しない設定にするプラグイン

WordPress

旅館のホームページのデモサイトを追加しました

WordPress

エステサロンのホームページのデモサイトを追加しました

WordPress
さんぷる工務店

工務店のホームページのデモサイトを追加しました

投稿一覧の前後にコンテンツを追加したり、ページのレイアウトやデザインをいじったりするときはアーカイブページをカスタマイズするのが王道だと思いますが、カスタマイズに慣れない人にとってはハードルが高い作業です。

ということで、上記のようにページネーションを表示するカスタマイズ手順を紹介します。

ページネーションを表示するカスタマイズ手順

子テーマの functions.php などに以下のフィルターフックを追加します。

add_filter(
  'vk_posts_loop_options',
  function( $options ) {

    if ( is_page( '**********' ) ){
      $options['pagination_display']  = true;
    }

    return $options;

  }
);

********** は投稿リストを設置する固定ページのスラッグです。
このページの場合は wordpress-vk-postlist-pagination です。

上記の数行のフックを書くだけで済みますし、固定ページのコンテンツ編集はかんたんですので、カスタマイズが楽であることは確かです。

ただし、アーカイブページとの整合性 (パンくずリストでアーカイブページのリンクをクリックされたときの見え方、パンくずの構造化データ、など) をどうするかという悩ましい問題が残りますので、上記に書いた通りアーカイブページをカスタマイズするのが望ましいです。

VK Blocks Pro の入手方法

VK Blocks Pro は便利なブロックがたくさん含まれているおすすめの有料プラグインです。単体では販売されていなくて、Vektor Passport というライセンス製品に含まれて販売されています。

Vektor Passport は、コピペで使える豊富なプロ品質プレミアムパターン、Lightning G3 Pro Unit、VK Blocks Pro を好きなだけ使える大変お得なライセンス製品です。ライセンス1つで自分が制作・管理する複数のサイトに使うことができます。ライセンス期間は 1年 / 3年 / 5年 から選べます。

Vektor Passport(ライセンス期間1年)
Vektor Passport(ライセンス期間3年)
Vektor Passport(ライセンス期間5年)

関連記事