WordPress の新しいエディター Gutenberg を使ってみました

WordPress 5.0 では Gutenberg (グーテンベルク) という新しいエディターが標準になるそうです。

Gutenberg はすでにプラグインとして入手可能になっているのですが、今までのエディターと見た目ががらっと変わってすぐに馴染めそうにないので、使わないでいました。

最近、Gutenberg が 4.0.0 にバージョンアップされたので、そろそろかな・・・とこのブログにインストールして使ってみました。

Gutenberg のいいところ

初心者にとっては使いやすい

段落、画像、見出しなどをブロック単位で追加するようになっていますので、カーソル位置にあまり神経を使わずに画像を追加できます。HTMLをいじらない初心者は使いやすいと感じるでしょう。

Gutenberg ブロックの追加

YouTube の動画を貼り付けるのもかんたんです。

もし画像を挿入する場所を間違えた場合でも、ブロックの順番をかんたんに入れ替えできます。

Gutenberg ブロックの順番の入れ替え

ブロックを再利用できる

ブロックの再利用もかんたんにできます。これ、いいですね。

Gutenberg ブロックの再利用

動作が速い

まだ少ししか使っていませんが、今までのエディターの動きに比べてかなり速く感じます。

Gutenberg のわるいところ

エディターのカスタマイズをやり直す必要がある

プラグインをインストールしたり、functions.php をいじったりしてエディターを自分好みにカスタマイズしたのがほとんど使えなくなってしまいます。

Gutenberg に対応するプラグインやノウハウが充実するまでに時間がかかると思いますので、しばらくは今までのエディターと併用する必要がありますね。

Gutenberg をインストールしたらやっておくべきこと

今までのエディターを使えるように、プラグイン Classic Editor をインストールします。

Classic Editor

そして、WordPress の投稿設定の 旧エディター設定 で「Gutenberg エディターをデフォルトで使い、旧エディターへのリンクを含める」にチェックをつけます。

WordPress の投稿設定の 旧エディター設定

すると、管理バーに「編集(旧エディター)」という項目が追加されて新旧のエディターがどちらも使えるようになります。

管理バーに「編集(旧エディター)」という項目が追加された

更新情報を受取る

サイト運営者プロフィール

対馬 俊彦
対馬 俊彦魚沼情報サービス 代表
新潟県南魚沼市・魚沼市を中心に、地域の皆様がパソコンやインターネットを有効活用して業務効率化・課題解決を図るお手伝いを1999年から行ってまいりました。

WordPress を使用したサイト制作・カスタマイズは全国どこからでも承ります。ベクトルが販売している WordPress テーマ「Lightning」「Katawara」および同社のプラグイン「VK Blocks」「VK Filter Search」のカスタマイズを得意としています。遠方からのご依頼の場合、打ち合わせ・サポートを Zoom や電子メール・電話などを併用して行わせていただきます。

オンラインレッスン形式でのホームページ制作サポートも行っています。お客様ご自身でホームページを開設・運用する上で、うまくいかない部分をサポートいたします。設定やカスタマイズを手伝ってもらいたい、同時に便利な使い方や設定方法、カスタマイズのやり方も知ることができたら...という方にご好評いただいています。

* ドメインやサーバーの契約・申込み
* WordPress やテーマ、プラグインのインストール
* ドメインの移管・移転
* 日常の更新作業
なども含めて、サイトの制作・運用全般をお手伝いできます。

ご要望をうかがった上で費用見積り(無料)を提示させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

» ご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ

ホームページでお困りのこと、お気軽にご相談ください

ホームページ制作についてお気軽にご相談ください。
効果が出るホームページを格安料金で制作いたします。リニューアル、スマホ対応、SNS連携、SEO対策、常時SSL化などもおまかせください。ホームページのちょっとしたデザイン変更や表示不具合の修正、更新作業のお手伝いもしています。

お困りのこと、なんでもお気軽にご相談ください。