WordPress の新しいエディター Gutenberg を使ってみました

WordPress 5.0 では Gutenberg (グーテンベルク) という新しいエディターが標準になるそうです。

Gutenberg はすでにプラグインとして入手可能になっているのですが、今までのエディターと見た目ががらっと変わってすぐに馴染めそうにないので、使わないでいました。

最近、Gutenberg が 4.0.0 にバージョンアップされたので、そろそろかな・・・とこのブログにインストールして使ってみました。

Gutenberg のいいところ

初心者にとっては使いやすい

段落、画像、見出しなどをブロック単位で追加するようになっていますので、カーソル位置にあまり神経を使わずに画像を追加できます。HTMLをいじらない初心者は使いやすいと感じるでしょう。

Gutenberg ブロックの追加

YouTube の動画を貼り付けるのもかんたんです。

もし画像を挿入する場所を間違えた場合でも、ブロックの順番をかんたんに入れ替えできます。

Gutenberg ブロックの順番の入れ替え

ブロックを再利用できる

ブロックの再利用もかんたんにできます。これ、いいですね。

Gutenberg ブロックの再利用

動作が速い

まだ少ししか使っていませんが、今までのエディターの動きに比べてかなり速く感じます。

Gutenberg のわるいところ

エディターのカスタマイズをやり直す必要がある

プラグインをインストールしたり、functions.php をいじったりしてエディターを自分好みにカスタマイズしたのがほとんど使えなくなってしまいます。

Gutenberg に対応するプラグインやノウハウが充実するまでに時間がかかると思いますので、しばらくは今までのエディターと併用する必要がありますね。

Gutenberg をインストールしたらやっておくべきこと

今までのエディターを使えるように、プラグイン Classic Editor をインストールします。

Classic Editor

そして、WordPress の投稿設定の 旧エディター設定 で「Gutenberg エディターをデフォルトで使い、旧エディターへのリンクを含める」にチェックをつけます。

WordPress の投稿設定の 旧エディター設定

すると、管理バーに「編集(旧エディター)」という項目が追加されて新旧のエディターがどちらも使えるようになります。

管理バーに「編集(旧エディター)」という項目が追加された

更新情報を受取る

ホームページ制作のこと、お気軽にご相談ください。

ホームページを制作するだけではなく、ホームページ更新やアクセスアップのためのノウハウの講習、SEO対策などのサポートに特に力を入れています。
パソコン教室 の運営も行っていますので、パソコン初心者の方でも初歩からホームページ運営に必要な操作やノウハウを無理なく習得することができます。