WebP を試してみました

JPEG 後継の画像形式として最有力といわれる WebP を試してみました。

WebP は Google が開発した画像形式で、JPEG をほぼ同じ画質のままファイルサイズを減らすことができて、PNG のように透過もできます。

Google が提供している Squoosh というサイトを使って、JPEG 画像を WebP 画像に変換してみたところ、ファイルサイズが 136KB から 77.6KB になりました。

よく見ると違いがわかりますが、ぱっと見はあまり違わない画像で、ファイルサイズを半分近くに減らすことができましたので、ホームページの表示高速化に貢献しそうです。

現時点では対応していないブラウザがあったり、WordPress のメディアライブラリで使えなかったりで、実際の運用にはまだ早い気がしますが、遠くない将来には主流の画像形式になっていそうな気がします。

そういえば、「PNG を使わずに JPEG か GIF にしておいた方が無難だよ」なんてことを話していた時代がありました。

JPEG 画像

1280x960px, 136KB

JPEG

WebP 画像

1280x960px, 77.6KB

WebP

更新情報を受取る