7月リリース予定の Chrome 68 は HTTP サイトに警告を表示するようになります

会社やお店のサイトで HTTPS の暗号化をまだ導入していない方は、そろそろ暗号化を検討された方がいいです。

今年7月にリリース予定の Google Chrome バージョン 68 (現在の最新版は 64)からアドレスバーに警告を表示するようになる、と Google のセキュリティブログに投稿されました。

Google セキュリティブログの記事【A secure web is here to stay  (英語)】
https://security.googleblog.com/2018/02/a-secure-web-is-here-to-stay.html

HTTPS により暗号化されているサイトの場合

現在のバージョン 64 では、アドレスバーに「保護された通信」と表示されています。

HTTPS により暗号化されているサイトの場合

鍵のマークをクリックすると、お客様がこのサイトに送信した情報(パスワード、クレジットカード番号など)が第三者に見られることはありません、と表示されてサイトを見てくれた人たちに安心感を与えます。

HTTPS により暗号化されているサイトの場合

Chrome 68 でもたぶんこのままの表示になるんでしょう。

暗号化されていない HTTP サイトの場合

現在のバージョン 64 では、アドレスバーに i のマークが表示されています。

暗号化されていない HTTP サイトの場合

i のマークをクリックすると、このサイトへの接続は保護されていません・・・悪意のあるユーザーに情報が盗まれる恐れがあります、と表示されます。

暗号化されていない HTTP サイトの場合

このマークをクリックする人は少ないと思われますので、サイトを管理(所有)する側としては上記のメッセージについてさほど深刻に考えなくてもよさそうです。

しかし、Chrome 68 (英語版) ではこうなります。

Chrome 68 の警告表示

「Not secure」が和訳されて「安全ではありません」なんて自分のサイトに表示されたら困りますよね。

当社(魚沼情報サービス)では、お客様のサイトを HTTPS により暗号化するサービスを行っています。お気軽にご相談ください。

更新情報を受取る

あなたのお悩み・お困りごとの解決をお手伝いします

お客様のご要望に合わせてできる限りのサポートをさせていただきます。

パソコン業務でお困りのこと、ホームページの運用や更新のこと・・・どんなことでもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。